ブログトップ

brusta 中目黒1‐1‐11 西麻布から移転、復活しました

brusta.exblog.jp

<   2009年 05月 ( 9 )   > この月の画像一覧

送別会で・・・

29日の金曜日、7年もの間一緒に仕事をしていた
イー・ショッピングワインの仲間が、
大阪に引っ越ししてしまうということで、
最後の「飲みに」お邪魔させてもらいました。


もともとは、スタッフとして一緒に働いた仕事場なので、
当日のメンバーのほとんどは気心知れた人ばかり。


会場は、事務所の敷地内にあるイタリアン。

ランチでしか行ったことがないお店でしたが、
夜のほうがやっぱり感じでのんびり。

最後に一緒に飲むなら、何がいいかと悩んだ結果

持って行ったのが、これ。
b0150078_19668.jpg


タレンティ ロッソ・ディ・モンタルチーノ 1997
実はこのワイン、この日初めて飲むワイン。
買ったのは10年前?1ケース買って、そのまま熟成させようと
奥底のほうにしまってあったワイン。

今まで何度か、取り出そうと試みたものの、
手前にあるワインが多すぎて、断念してた為
まったく飲めなかったのが実情。

ところが、先日在庫のワイン全て棚卸をしたので、
晴れて!取り出すことに!!


今リリースされているのが2007だから、ちょうど10年経ったグレートヴィンテージ
の味わいはいかに!?

多少の不安と大きな期待が入り混じっての、最初の一口・・・

「っんまい」(笑)
実に美味しい・・・い~い香り♪

スルスルと飲める、なめらかな口当たりに
うっとりするような甘い香りと優しい余韻


最後に飲んでもらうにふさわしいワインになったのかな。


ツネ!本当に長い間、助けてもらいありがとうございました。
また一緒に飲みましょう~
おつかれさまでした
by brusta_info | 2009-05-31 01:17

そういえば・・・

5月23日はシェフが誕生日でした。

当日、おめでとうメールを送ったら・・・
なんとまた、腰を痛めたようで!

18日にくしゃみをしたら、ぎっくりに!!


まだまだ復活への道のりは厳しい様子


さて、ブログのタイトルを変更してみました。


よく考えたら、もう閉店しているお店。
なのに、昨日のアクセスが過去最高の196って??

なんでだろ?
by brusta_info | 2009-05-26 17:13 | つぶやき

イタリアの夜

向こうは日が長い。

この日の長さが、ブドウにとって最高の環境となっているのでしょう。

写真は、夜8時のモンタルチーノ。
こっちだと6時くらいの感じかな。
b0150078_1475418.jpg



これはフォルテッツァ。モンタルチーノのお城。
この中に、エノテカがあって試飲もできる!おまけに、試飲したいワインを
味見して決めることも可能という、ありがたいお店
b0150078_1495998.jpg



これは、モンタルチーノの街中。時間は同じ夜8時ごろ。
このくらいの時間に、バールでアペリティーヴォ・食前酒をちょっと飲んでから
レストランで食事というのが、いつも。
飲むのは大体、スプマンテ・・・でなくてシャンパーニュ!
モンタルチーノでも美味しいシャンパンは飲めるのです!

で、この写真は朝8時くらいのもの
フィアットの500チンクエチェント!
b0150078_1533537.jpg




あまりにかわいいからパチリ!と。
去年、レッチョ・ドーロの受賞時にはフィアットが会場とホテルをつなぐ車を
用意してくれて、フォルテッツァの前には新型の500とこの昔の500が
仲良く停まっていました。

今東京でも新型を見かけますね。

授賞式の後、フィアットのお偉いさんが来て、日本でのプロモーションに協力して~
なんて言って連絡先を教えたら1度だけ連絡が来てそれっきり…

新型の500をプレゼントして欲しかったのに(笑)残念でした
by brusta_info | 2009-05-26 01:58 | その後・・・

プーリアのお土産

昨日、先日取材でお世話になった4travel(フォートラベル)さんのオフ会に
お呼ばれしてたので行ってきました。

その時に用意されていたのが、これ。

プーリアの取材の時に買ってきたというアーモンド。

殻付きのアーモンドは初めて!

中身は、ミックスナッツにある、あのアーモンドと同じ形ですが
味はちょっと軽い感じ・・・かなぁ。

美味しくて、ずっと食べていました。

後ろのボトルは、モンタルチーノの取材時に購入した
イル・ポッジオーネのブルネッロ2004

昨日はタレンティとバンフィの04も用意されていて、
とても幸せな時間でした~

b0150078_11472149.jpg

by brusta_info | 2009-05-25 11:48 | その後・・・

taverna Banfi

タヴェルナ・バンフィ・・・
食べるな・バンフィという意味ではなく、
オステリア、トラットリアと同義語。食堂という和訳が正しいのかは微妙ですが・・・

モンタルチーノでの取材旅行で、訪れたバンフィのレストランでの写真を。


前菜はトスカーナが誇る
チンタ・セネーゼという豚のハムとレバーの盛り合わせ
帯が体にある黒豚で、旨味あふれる高級ブランド豚

b0150078_23104577.jpg



b0150078_2314275.jpg




パンにのっているのは、ラルド(豚の背脂の塩漬けのハム)で
軽くオーブンに入れてとろ~となった状態。
甘みがあって、ワインが何杯でも飲める味!
レバーのパテにはレバー以外も使っていたみたいだけど、忘れました(笑)

パスタは自家製のフジッリ
ソースは伝統的なラグーソース。
牛肉の挽き肉、いわゆるミートソースなのですが、しっかりと赤ワインを使った
コクのある重いソースで食べ応え十分でしたが、食べると軽い感じだったので
ペロッと食べられました

b0150078_23195361.jpg




メインはこれもトスカーナの牛肉と言ったら、これしかない!
キアナ牛のタリアータ!

キアナ牛のキアナとはモンテプルチアーノとオルヴィエートの近くにある
キアナ渓谷で飼育されている牛のこと。

肉質はサッパリとしてるのに、噛むとうまみがジュワ~と広がる美味しい牛肉
脂身が少ないので、一人でも500g近くは食べられる?牛肉

b0150078_23293553.jpg



付け合わせはじゃがいものロースト!とブロッコリーのフラン

で、これがキアナ渓谷
b0150078_2331119.jpg



なんか美味しそうな牛肉が育つ環境に見えません?

最後のドルチェ
b0150078_23365487.jpg


確か・・・ヘーゼルナッツのセミフレッドだった気が・・・全然覚えていない(笑)
それと、リンゴ。シナモンがまぶしてあったはず・・・


一緒に用意していただいたワインは、もちろんグレートヴィンテージの04のブルネッロも

本当に04のブルネッロは美味しい!

こんなに美味しくていいのかな~って思うくらい


みなさんも、どこかで見つけたら、ぜひ飲んでみてくださいな~
by brusta_info | 2009-05-21 23:43 | その後・・・

イタリアで・・・

5月に入りマスターは何をしているかというと…。

5日から、急遽決まった里帰りに。
雑誌の企画で、取材をしにモンタルチーノまで。
この時期のモンタルチーノは初めてで、東京より暑いのにはびっくり!
でも、夜は上着がないとやっぱり肌寒い。

それと、夜が長い。9時くらいまで、うっすらと明るいのにも感動。

いつも、2月にしか行ってなかったから荷物は少ないし、寒くないし、気持ちいいし・・・。

で、モンタルチーノでの取材を終えた後は、フィレンツェで少しのんびりとし、ミラノへ。

ミラノでは、サッカーを見に行ってきました。
b0150078_1301252.jpg



が、ここで問題発生。

実は、今回の観戦チケットは事前に入手しておらず、
友達が知り合いという現地のダフ屋から譲ってもらうという、方法をとったのですが
スタジアム隣の赤いパニーノ屋にいる、名前はアルベルト、パニーノ屋の名前がパネタ・エンツォ
ということしかわかっていません。

日本なら、これだけ分かれば大丈夫なのですが・・・

案の定、不安が的中。
まず赤いパニーノ屋さんが、何軒も!!というか、真っ赤(笑)
って思うくらい、赤い屋台だらけ。
もちろん、ミランの試合ですから赤いのは当然。
で、気を取り直して一軒ずつ「パネタ・エンツォ」を探すわけですが、
名前がない!!どの屋台にも屋号は書いてあるのですが、
そのどれにもない。仕方がないので、今度はアルベルトを探すハメに。
が、しかし、メチャクチャな混雑&大忙しの屋台に「アルベルトはいますか?」なんて
野暮ったいこと聞けるわけもなく…。それでも根性決めて、聞いたら「ア~?」と
変な日本人がわけわからんこと言ってるくらいにしか、取り合ってもらえません。
現地に到着して1時間近くが過ぎて、それでもまだ見つからず。
でも、とうとう!とうとう発見しました
「パニーノテカ・PANINOTECA」と書かれた屋台にアルベルトの代理の人が!
b0150078_1257924.jpg



まだ本人には会えていません、がチケットは入手。
100ユーロと聞いていたのですが130とかなり高め。
ま、と思いながら支払って、やっとゲートに。
ところが~
チケットにはPIETRO~と全く知らない人の名前がある。
もしや…最初の入り口できちんと身分確認がなされ・・・。
見事ピエトロになれなかったマスター(泣)
入場ができない。

しかし、ここはイタリア。
別の人間なら入れる可能性大!ということで、トライアゲイン!

でも…ダメだった。
で、仕方なしに別のゲートから、トライ。
見事パス!で、意気揚々と機械式入場ゲートへ。ここでバーコードを読みらせて
ゲートが開くのですが、
「入場ゲートが違います。」との冷たい機械の声。
係員が来て、これはあっちのゲートだよって、知ってるもん!そんなの。
ここまでチケット入手後30分以上を費やしている最中。

で、仕方なしにアルベルトの代理人のところに…。
そうしたら、お決まりの大丈夫だよ。入れるよ~と、無責任な答え。
でも、アルベルト本人の場所を教えてもらい、少しの進展が。

アルベルトに事情を話し、入場ができないと言うと、大丈夫だからと全く同じ答え。
この場合、人が変わっているので(代理人からアルベルトにという意味)一度は聞き入れないと
話が進まない場合が多いので、仕方なしにまた最初のゲートに。
しかし、今度はすんなり機械式ゲートまで入れた!
やった~と思いながらバーコードを読みとらせようとしても…「ブー」
「なぜ?」と思いながら全部のゲートに挑戦しましたが、結果全滅。
で、係員に見せたら「このチケット、どこで買った?絶対に入れないよ」とキツーイ一言。
隣にいた台湾から来ていた人も同じチケットを持っていて、一緒になぜ?

で、またアルベルトに話をしたら、今度は一緒に付いてきて・・・。

彼は私の友人で今日ミラノに着いたんだ。これは私のチケットなんだけど、
今日は仕事で見れないから、こいつに譲ったんだ。だから入場させてくれないか?と
言ったけど、無理と言われてしまいには、
チケットを見せたら
「これどこで買った?このチケットはNYから出回っている偽物で、警察呼ぶぞ」
なんていう大問題に!慌てて2人して逃げ出して…。
すでに試合は始っていて、2時間以上が経過していて、片言のイタリア語に疲れ果てて、
お金を返すよという言葉を最後に試合も見ずに帰ろうとしていたら、
チケットあったぞー!と喜ぶアルベルト。
え~、もういいよ~と思いながらも、ついていくマスター。
でもらったチケットはミランの年間パス。
名前は…FABIO今度はファビオに変身(笑)
最初にダメと言っていたゲートの係りのお兄ちゃんがアルベルトの店のパニーノを
食べていたのを見つかってしまい、かわいそうに強引にマスターを連れていく役に。

で、今度は機械のゲートまではすんなり。でバーコード。最初は「ブー」でも
次に「ピンポ~ン」

やっと入場できました~♪

さて、ここで新たな問題が…。
このチケットの入場ゲートがわからない。

とりあえず、気の弱そうな人がいるゲートに行って、パスを見せたら
オッケー!で、やっと試合観戦!
でも、前半30分過ぎてるし…。

選手紹介も見てないし…。
座席よりによってアウェイのユーヴェ側だし…。


でも、見ました。
b0150078_1312582.jpg



すごい、つまらない試合だったけど。
ベッカムって、うまいじゃん~って思えたのがよかった(笑)
b0150078_133036.jpg



試合が終わって、ファビオにパスを返して無事ホテルに。

1日だけのミラノ滞在。食べたのはパニーノだけ。
ビールは1本だけ飲んだかな。

でも楽しかった。

改めて、根性ついたかな。

こんなイタリア旅行してました。
by brusta_info | 2009-05-20 13:03 | その後・・・

閉店パーティーの・・・

今日、やっと4月29日の閉店パーティーの
写真をアップしました

とりあえず、マスターが持っていたデジカメに収めてあった
71枚を、コメントと一緒にお楽しみください。


今は、毎日物件探しに奔走しております。

昨日は、お昼ごろから自宅がある学芸大を自転車で出発

恵比寿の不動産やさん2件行って、
そのまま広尾―西麻布―表参道―渋谷―池尻―三宿と。

途中から、サイクリングとなってしまいましたが、
なかなか探しているサイズの物件は見つからず。


ただ今日は、以前問い合わせをした銀の物件が、
まだ申込になっていないとの情報をキャッチ!


西麻布から銀座だと・・・
みんなに言われました。遠いと。

確かに遠い。
でも、銀座はやっぱりハレの場所。

昔からいつかは銀座でやってみたいと思っていたので、
正直ちょっと心が揺れております。


が、まだまだ物件探しの旅は続きます。

できることなら、西麻布!

できることなら西麻布2丁目!!

さぁ、出て来い物件(笑)

というわけで、


明日も・・・


あ、4月29日の閉店パーティーの写真も。


まだ2週間ちょっと。
もう2週間ちょっと。

どっちなんだろ?

どっちもか。
by brusta_info | 2009-05-19 23:57 | イベント

日の出

モンタルチーノで日の出を見ようと思ったら、
一番いい場所がdei capitaniというホテル

ここは、モンタルチーノで一番高いエリアにあってしかも、
一番東側


ホテルの隣はなにもなく、眼下にはモンタルチーノの
畑や畑や畑・・・

夜になると、満点の星空が広がり、
願い事は、しっかりと唱えられるくらいの流れ星も!


今回は、残念ながら月明かりが強くて、星空は撮影できませんでしたが、
代わりに日の出を。

これは5月7日の朝6時4分。

当日は、5時30過ぎから徐々に白んできて、
大地に広がるモヤは一斉に晴れてきます


日中はTシャツでも大丈夫なくらい暖かいのですが、
夜は上着がないと寒い。
この寒暖の差が、ブドウにいいんでしょうね。


この朝日を、一目見たくて毎年里帰りしてるマスターです。

b0150078_10492561.jpg

by brusta_info | 2009-05-18 10:49 | その後・・・

閉店・・・その後・・・その前に

先月29日をもって、盛大に?閉店したブルスタなのですが、
アクセスチェックをしてみたら、いまだに結構な数の方が
このブログを見ていただいているようで・・・。
ありがとうございます。

実は、マスター仕事で、ゴールデンウィークから今週の月曜日12日まで
里帰りしていました。

その模様は、6月に発売になる
4travel(フォートラベル)という雑誌に紹介されるはずなので、お楽しみに。

里帰りの様子は、この次のブログで書くとして・・・

今日は、閉店した翌日の掃除風景を・・

b0150078_1134382.jpg



店内にあるすべての物を、片づけている途中。
セラーの中は、空っぽに。
b0150078_1145866.jpg



お店の看板だった?モンタルチーノポスターも外されて、一気に閉店ムードに

b0150078_1164750.jpg



懐かしい?シェフの絵。

新聞紙とビニールでBru.staの看板を・・・

b0150078_1184810.jpg




表には、こんな看板を・・・




次回は、イタリア里帰りの様子を!

では
by brusta_info | 2009-05-14 01:20 | お店のこと