ブログトップ

ブルスタ BRUSTA 西麻布4丁目のイタリアン ブルネッロが自慢です

brusta.exblog.jp

作る料理教室 2月11日

2月11日に行われた【作る】料理教室

今回のメニューは

マグロのタルタル

ジャガイモのニョッキ
ゴルゴンゾーラソース


鶏もも肉のローマ風煮込み

の3種類

b0150078_21373530.jpg



授業風景・・・みんな真剣?


まずは、マグロのタルタルから・・・
b0150078_2110403.jpg



材料は、マグロにエシャロット、酢漬けのケッパー、レモン、松の実、万能葱

最初に材料をみじん切り・・・
b0150078_2112649.jpgb0150078_21123133.jpg


材料は全て、みじん切りにします
その際、マグロは最初に棒状になるように切っておくと、簡単にミンチにできます

みじん切りにした材料に、塩とレモン、オリーブオイルで味を整えます
このとき、塩は少し強めでもいいかもしれません。
オリーブオイルを入れた後は、全体を乳化させるようにしっかりとかき混ぜます。

b0150078_21163642.jpg



完成品・マスター作

上に松の実と万能葱をしっかりとのせてあります

口当たりサッパリ、味はしっかり
そんな感じの前菜です



次は、ジャガイモのニョッキ
茹でたジャガイモは皮をむいて、つぶします
b0150078_2119785.jpgb0150078_21203386.jpg



つぶしたジャガイモに、全卵とパルミジャーノ、ナツメグに薄力粉を入れて
よく練りこんでいきます。
ジャガイモの食感を残すようにこねても美味しいですし、
なめらかになるような感じで練っていっても美味しいです。
また、薄力粉と強力粉半分半分くらいにすると、
わりとしっかりとした食感のニョッキになります。


b0150078_21241068.jpgb0150078_2124375.jpg


こんな感じで、棒状に延ばして食べやすい大きさにカットします

b0150078_21255956.jpg



フォークの溝で、ニョッキに線をつけると、ソースが
より絡みやすくなります

b0150078_21274387.jpg



茹で上がりは、こんな具合にニョッキが浮かんできたらOKです

b0150078_21291389.jpg



出来上がり・シェフ作
やはり、色艶が違う?・・・気のせいかな。

b0150078_21365181.jpg



実習中。
回を重ねるごとに、みんなの腕が上達しているのを感じます!

b0150078_2139189.jpg



これが、ある生徒さんのメモ。
こういう努力が、家族サービスの一環に役立っているようです。
家で作って、家族に好評だったよ、なんて言われると
本当にありがたいです。



今回のニョッキは、どの生徒さんもとても上手に作っていました。
どれもお店で、用意できそう・・・なくらい、上手だったと思います。
おかげで、たくさん試食しちゃった!おいしかったです。

ごちそうさまでした

b0150078_21315323.jpgb0150078_21324950.jpg



バターとローズマリーのソースで作ったニョッキと
トマトとバジリコのソースのニョッキ

このニョッキは、あえて皮がついたままつぶして、
薄力粉と強力粉半々にしてマスターが作りました

最後は
鶏もも肉のローマ風煮込み

なぜローマ風かというと、パプリカとトマトを使って煮込むと
ローマ風になるからだそう

b0150078_2136167.jpg




メイン料理だけ、途中の過程を撮影するのを忘れてしまいました。

今回も、参加された皆さんの充実した表情を見ることが出来、
うれしい料理教室となりました。

みなさん、ありがとうございました



106-0031
東京都港区西麻布2-11-10
オステリア ブルスタ Osteria Bru.sta
tel:03-5766-2678
月~金 18:30~24:00 土18:00~22:00
第2土曜日・日・祝休み 要予約

[PR]
by brusta_info | 2009-02-13 21:43 | 料理教室
<< 幸せになれるワイン ヤバイワイン! >>